6fcdcfc6da9311fcc3e7dfeddfa1770e_s

無理なく習慣化できるミッション・ビジョンの存在

はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る。(ジョン・ドライデン)

との名言から読み取れるように

  • 嫌な自分を変えていきたい
  • 人から好かれて、自分も好きな人に囲まれたい
  • この先の人生を幸せにしたい、成功したい

ように、自分を変えるためには

自分自身で土台作りや種を植える必要があるようです。

 

その方法として

まず、「望ましくない結果」や「ネガティブ思考」

になってしまう自分自身の行動パターンの

  1. 原因を知り
  2. 認知する

していきます。原因や認知については

“仕事”から読み解くダメな自分の克服セオリー

で詳しくお伝えしています。

 

それから

  • 自分を変えるための本質
  • 自分を変えていく行動
  • 無理なく変化させるあなたの望む環境に調整

していくことで、今からでも

嫌な自分から好きな自分に変える事ができます。

自分を変える本質や行動、調整方法については

嫌な人間関係から解放される為に自分を変える3つの調整方法

で詳しくお伝えしています。

 

自分を変える方法はわかったとしても

すぐにすぐ急激に自分が変わるわけではありません。

 

どんな天才でもすぐに自分を変える事はできません。

 

真に自分を変える唯一の方法は習慣化です。

 

習慣化の方法は基本的にシンプルで

インプットしてアウトプットを継続していくこと

で習慣化していきます。

 

そのためには、ミッションとビジョンを発見して

目的を明確にしていく事も大切なります。

 

そこで、目的を明確にして、多くの人から尊敬される、好かれている

成功者に共通する9つの習慣をご紹介していきたいと思っています。 

 

人から好かれる成功者に共通する9つの習慣 

トップダウンで物事を捉える習慣

物事の全体像を捉えて

詳細を見ていく習慣があることが共通しています。

 

「木を見て森を見ず」という言葉があるように

本来、「目的があるから手段をとる」といった

因果関係があります。

 

成功できない人の特徴としては

手段に囚われてしまいます。

 

成功者は違います。

成功者とは目的や目標を達成できている人になります。

 

ですので、成功者の多くは

自社、あるいは自分のミッション・ビジョンを

明確に設定されております。

 

目的はブレず、決して手段に囚われる事はありません。

 

ですので、自分を変える場合には

まずは全体となる

ミッションやビジョン、目的や目標を定め

手段となる、スキルや知識を取り入れ活用するといった

パターンを習慣化してみましょう。

 

自分を大切にする習慣

成功者の多くに共通すること

  • 時間
  • 労力
  • お金

などを使い

  • 健康維持
  • 見た目・服装
  • 知識や情報

自分自身にあらゆる投資をしています。

 

自分を変えて成功していきたい場合

何かしらの対価が必要になります。

 

そこで結果を出すためには投資として

時間や労力やお金をかけていき

結果を出し続ける習慣を身につける必要があります。

 

お金がなくても、時間を投資したり

時間がなくても、労力を投資したり

達成するための手段は無数にあります。

 

投資できず、成功できない人の特徴として

  • 物事を斜めにみる
  • 言い訳をする
  • 手段に囚われている

などの責任逃れや自信がない

発言や行動をしています。

 

ですので、投資することに

恐怖や不安を感じ取り

すべてネガティブな結果に終わってしまうと

勝手な思い込みを信じきっていまっていることが

原因になります。

 

このような、悪習慣を手放さない限り

この先ずっと投資をする事ができません

何かをしようとしても、あなたの無意識が止めてしまいます。

 

それでは、成功できる人は投資できるのでしょうか?

投資をして成功している人の特徴として

  • ロジカルに考える
  • 自分を信じている
  • 素直である

といった、自分の目的から逆算して

自分の進むべき道をキチンと整理した上で

自分を信じて素直に取り組んでいく

行動や発言をしている人が多いです。

 

成功を納めている社長や偉人などは

一生を掛けても達成する

ミッションやビジョンを発見して

それに素直に向き合う事で

必ず達成するといった自信を持ち

自分の役割を広く繁栄していく

自分自身を自分で管理し大切にする習慣を手にしています。

 

なので、成功者は恐れず時間も労力もお金もかける事ができます。

 

この成功者たちの特徴をみる限り、

自分にとって本当にやりがいがあり

一生掛けても達成したい

明確なミッションとビジョンを発見することだけでも

人生は成功は保証されると捉えることもできますね。

 

人の長所に観る習慣

成功者とそうでない人の違いは

人の長所を観るか、短所を観るか

この違いです。

成功者とは結果出している人です。

そして、成功者は無駄が嫌いです。

 

人の短所など探って、集まってネチネチ悪口を言っても

自分の人生にとってなんの徳がないことを知っているからです。

 

また、成功者は自分が居心地のいい場所へと無意識に

移動していきます。

 

そして、自分に降りかかる全ての結果は

自分のコミュニケーション不足が原因だという事を

理解しています。

 

ですので、成功者は無意識に

無駄な事を避けて徳を得る行動をしていきます。

 

その中で意識し習慣化すること

それが、人の長所を観ること習慣になります。

 

成功者は、人の長所を観ることで

コミュケーションが円滑に

いくことを知っています。

 

コミュニケーションが円滑になる事で

相手との信頼関係が生まれて

自分にも相手にも”徳”をくる事も知っています。

 

その”徳”が積み重なるときに

制御不能な大成功を収める事ができる事をわかっているんです。

 

ですので、人の長所を観る習慣をつけることで

あなたにも”徳”が貯蓄されていくことになります。

 

肯定語で話す習慣

肯定語とは否定語の対義語になります。

否定語 肯定後
すみません ありがとう
疲れた 頑張った
なんでこうなる、運がない いい気づきができた、運がいい
できない なんとかしてみる
難しい 面白そう

 

など、成功している人の多くは肯定後を使って話す習慣があります。

もちろん全てが肯定後ではないにしろ

否定語を極力使わず、肯定的な言葉で話す習慣をつけています。

 

まずは与える習慣

成功者には

まず先にもらう、奪う考えはありません。

まずは与える、与えれば返ってくる思考です。

 

なぜ、成功者には与える精神があるのでしょうか?

 

成功者にはミッションとビジョンが明確にされている人が

多い事をお伝えしましたが、ここから答えが読み取ることできます。

 

自分のミッション・ビジョンは

いわば人生の目的です。

 

その目的を達成するために

手段があります。

 

私たちは仕事をします。

多くの人の場合「お金」が目的になります。

 

ですが、成功者たちの思考は異なり

目的はミッションとビジョンを達成することになります。

 

そのため、成功者たちの欲求とは

自己実現欲求になります。

 

自己実現をさせる欲求を満たすために

知識や情報を惜しみなく発信します。

 

むしろ与えたい気持ちが大きくなり

与えることで自己実現欲求を満たしています。

 

与えることで返ってくる

この自然の摂理を繰り返して

さらにお金が入ってくる仕組みが勝手に出来上がるのです。

 

ですので、本当の成功者たちは

毎晩派手にガンガン金を使いまくって遊ぶような

ことをする人はいません。

 

そこに欲求や価値を置いていません。

 

多分、毎月数百万の不労所得が入ってくる人ならわかると

思うのですが、お金だけが入ってきてワクワクするのは

一、二ヶ月くらいで冷めてしまいます。

 

それより、やりがいや充実感、ワクワクや楽しいを手に入れるために

お金がある(手段)事を肌で感じて無意識で理解できているからです。

 

ですので、自分のミッションや ビジョンを明確にして

与えることを衝動的にこなせるようなビジネスを行い

充実感や楽しいやワクワクを日々感じられるような習慣をつけてるように

なっていきましょう。

お金はそのあとにすぐに入ってきます。

 

捨てる・手放す習慣

成功者は自分の事をよく知っています。

ですので、自分に必要なものと必要でないものを

明確に分ける事ができます。

 

そして、成功者は依存しません。

 

ですので、必要でないものを

手放し、新しいものを取り入れる

何かを捨てて、何かを得る

この自然のサイクルを習慣化しています。

 

手放す、捨てるとは人や物といった物体だけではなく

  • 怒り
  • 悲しみ
  • 妬み
  • 過去の出来事

など、感情や経験、情報など全てにおいて言える事です。

 

どうしても許せないことをされた

これをずっと根に持っていることで

新しい何かを得ることができない状態では

何をするにもカオスの渦に巻き込まれます。

 

例えば、

異性に浮気をされたから

もう、異性は信じられないとこの怒りを手放さない限り

異性は全て敵に見えてしまいます。

そのような場合、浮気をしない一生のパートナーになる人と

出会ったとしても、その存在に気づく事すらなく

失っていきます。

 

逆に怒りを手放す、捨てていた場合、

フローな状態で異性を見ることができます。

すると、一生のパートナーの存在気づき、幸せになれる

可能性が格段に上がります。

 

このように、手放す事で何かを得る習慣を

成功者たちをつけています。

 

補足ですが、過去の経験の中には

手放すことをしても、忘れてはいけない事もあります。

ここをしっかりと分けていきましょう。

 

目標を設定する習慣

ミッションとビジョンは目的部類になります。

目標とは達成した事が他人にもわかり得ること

わかりやすい例でいうと

  • 年間売上3億円を達成する目標
  • 体重10キロ下げる目標
  • 1年後に月収100万円を稼ぐ目標

など、目的を達成するために目標を授けて

プロセスを段階を踏んでいくことをイメージしてください。

 

成功者の共通点として、この目標設定を授けて

その目標に向かい行動している習慣をつけています。

 

よく、目標を設定できないという人がいます。

そのたちは手段に囚われている事が多いです。

 

もし、目標設定ができない、手が止まるようでしたら

自分自身の明確な目的を探ったり

ミッション・ビジョンを発見することで

逆算、トップダウンで目標を設定していく事が

シンプルにできてくると思います。

 

流れを習慣させて細かく目標設定をすることで

1年後、想像もつかなかったような地位に上り詰めていたり

売上や利益を得ていたりする事があります。

 

メモする習慣

成功者にはメモ魔が多いです。

あなたもこんな経験ありませんか?

 

とびっきりのアイデアを思いついて

ウキウキして寝たら忘れてしまった事などです。

 

このように、人の脳は緊急性や実現性の低い

アイデアや情報はすぐに忘れるようにできてます。

 

ですが、この実現性の低いようなアイデアや情報のメモを書き溜めておく

ことで、そのメモが後にとんでもない資産に化ける事があります。

 

点と点は、先を見ながらは繋げない。過去を振り返ることで繋げるものだ。だからその点と点が将来繋がると、信じなければならない。自分の勇気でも、運命でも、人生でも、カルマでも、何かを信じなければならない。この方法で失敗したことはない。この方法は私の人生を変えてくれた。スティーブ・ジョブズ

 

と、スティーブ・ジョブズが言う通り、書き溜めていたメモが点となり

あなたの将来につながる鍵になるのです。

 

ですので、何かの情報を得た時や

アイデアが浮かんだ時にはメモをする習慣をつけていきましょう。

 

捉え方をポジティブにする習慣

捉え方をポジティブに捉える事で

成功へ導かれる事があります。

 

なぜなら

捉え方をポジティブにする事で

行動が促進されるからです。

 

例えば

仕事中、喉がカラカラで

水が半分しか入っていないコップが目の前にあったとします。

 

 

これを半分も入っていると思おうか

半分しか入っていないかと思うかで

次の行動の取り方が変わってきます。

 

半分も入っているとポジティブな捉え方をした場合

次の行動は、

  1. ちびちび飲んでその度喉を潤して、ゆったり支障をきたさないように仕事をする
  2. 全部飲んで一気に回復して一気に仕事を片ずける

選択することができます。

 

ですが、半分しかないとネガティブに捉えたほとんどの場合

  1. ちびちび飲んでその度喉を潤して、ゆったり支障をきたさないように仕事をする

の選択肢しか浮かんできません。

 

このように、捉え方をポジティブにする習慣とは

言い換えると、選択肢を広げる習慣をつけるということなります。

選択肢が広がったほうが人生はより豊かになる事は

言うまでもありません。

 

ですので、心に余裕を持たせる感覚で

物事をポジティブに捉えてみる習慣をつけていきましょう。

 

習慣による成功プロセス

人から好かれる成功者に共通する9つの習慣をお伝えしてきました。

そもそも、成功するためのプロセスは

  1. 自分を知る
  2. 望む環境や自分を明確にする
  3. 行動する
  4. 行動を習慣化する

大きく分けてこの4つのプロセスを踏むことにより

必要な物が引き寄せられてくるといったシンプルな構造です。

 

そこで、

  1. 心が変わる
  2. 心が変われば行動が変わる
  3. 行動が変われば習慣が変わる
  4. 習慣が変われば人格が変わる
  5. 人格が変われば運命が変わる

 

の理論に乗れば運命は変わっていきます。

 

自分の無意識がネガティブな状態ですと

いつも損をする運命へと自分自身が自分を導きます。

 

逆に自分が望むことが肯定的でポジティブの場合

その思惑通りの運命へと自分自身が自分を誘導していきます。

 

ですので、自分を変えるを原因を知り

行動を知って、習慣化していく事で

あなたが本当に望む環境や世界へと

あなたの無意識が誘導していくれて

あなたの望む結果を手にするといった

広い意味での成功の習慣を手にすることができます。

まとめ

自分を変える9つの習慣はいかがだったでしょうか?

いろいろなポイントをお伝えしていきましたが

結局、いちばん楽に習慣化するためには

なんでも楽しいと思える素直さを思い出す事かもしれません。

 

自分が一番ワクワクする道をたどっていくとき、それに必要な物や知識、人を引きつけることができます。秘訣は、毎瞬毎瞬、自分のできる範囲内で一番ワクワクすることを行動に移すことです。(バシャール)

 

あなたの目的に進む道、関係してくること

全てを「楽しむ」「ワクワク」することを習慣づけることで

苦痛という概念がなくなり、よりスムーズに結果を手に入れるかもしれませんね。

 

ですので、自分を変えて人生を成功に導いていきたい場合

まずは、あなたが心の底から楽しめたり、ワクワクするような

あなたの目的を見つけだしてみることから初めてみてはいかがでしょうか?

~起業・副業スタートアップ~
人の役にたち、”やりがい”を感じながら
”3つの収益モデル”を所有できる7つのステップ
あなたの”才能・天職”を発見して

自宅で一人で複数の収益を無理なく獲得してみませんか?

本来有料のオンラインセミナーを期間限定で無料公開中
無料動画セミナーをみる