088

現在世界一のネットショップと言ったらAmazonですよね。

日本でも楽天を超えてトップではないかと個人的には思います。

そんなAmazonは誰でも気がれなく出品できて使いようによってはものすごい売上を叩けます。

そこで今回からAmazonで独占的に商品カタログを維持し、

且つ売れるようにする出品ページ作成テクニックを

お伝えしていこうと思っていますが

その前に絶対にやってはいけない出品スタイルをご紹介したいと思います。

相乗り出品では稼げない理由

まずは本題に入る前に相乗り出品が以下に稼げない理由を説明します。

今現在すでに物をネットで売買出来ることは周知の上で、そのネットショップの代表が

Amazonだということも先ほど述べました。

 

買う側はもちろんのこと不景気のせいか手軽で儲かるという

神話を信じて販売する側も相当増えてきていてます

 

そして売る側が増えるという事は教える側も増えるということになりますね?

コンサルタントと名乗る人

ブログやメルマガで記事を書く人

その教える人たちもまた販売兼コンサルタントという方たちが多いのも事実です。

 

その教える人たちが物販初心者だった時に小手先のテクニックしか教わってないし

自分でも本当に売れるノウハウを知らなかったらどうでしょうか?

 

当然その人が教えることは小手先のテクニックですよね?

しかも悪気は無いんです、騙すつもりもない100%の力で出して、

絶対に使えない不良在庫だけが残る相乗り出品でのテクニックなどを得意げに教えております。

相乗り出品というのは誰かがカタログに乗っかって商売をすることで

新規カタログ作成者からはものすごく煙たがれます。

 

一流ブランド品やその他ものすごく有名ブランドなどの場合は1つの商品に1つのカタログなので

仕方がないのですが中国輸入のようにノーブランド品を相乗りで出品して売ると言うことに関しては私はいくつかの疑問が浮かんでいました。

 

1、他人の作ったページに乗っかれば同じ売り場(同じカタログ)に少なからずライバルが1人いる状態で商品を売ることになるため勝負は価格競争しかなくなる。

 

2、いつ追い出されるか不安なのならば最初から自分のカタログを

作ってそのページを育てる形にしたほうがいいのではないか?

 

3、そもそもスキルが上がらないのではないだろうか?

など他にも色々疑問点はありますが上げたらキリがないのでこの辺にしときます。

中でも価格破壊については笑えないくらいのレベルに達しています。

 

その理由は

他人の商品ページがどれだけ売れているかということがわかる

Amazonからデータを引っ張ってきた自動システムを使い

ランキングが上がってるという理由だけで

差額がある商品を見つけ出し相乗りする。

 

勿論、その手法は自分だけが行っているのではなく何千人という人が同じ手法を使っているので

一つのカタログに20人30人と群がります。

そして瞬く間に価格が暴落

暴落しても商品が売れるスピードは変わらないので

仕入れた在庫が不良在庫となります。

 

そして赤字覚悟でも現金化しようとするので、

結果儲かるどころか手間が掛かって赤字ということになっています。

 

私は思います。

こんなクソみたいな手法を教えるのは罪だということ

例外的に最初の最初だけ体験でということならわかりますが

自分が本当の物売りのテクニックを知らないで悪意なしでも

こんなデタラメのテクニックを教えたら罪ですし

自分の教え子(ブログ閲覧者など)を相乗り出品者に仕立て上げて自分の開発した

「相乗り用自動化ツール」などを提供している業者もいらっしゃいます。

 

元々はお金を稼ぐのにツールを使用しているのに

そのツールを使って不良在庫を抱えさせられたのでは話になりません。

ツールは確かに便利です。ニーズがある商品を探し出すことができます。

ですが下手なツールには手を出さないでくださいね。

 

もし、どうしてもツールを使って自動化してニーズのある商品を探して

OEMをしたい場合は下のツール以外使わないでください。

他にはない、リアルに売れた個数がわかる機能がついてるので

売れる商品をoemするときにものすごく役に立ちますね。

 


 

私のオススメする

OEMでも使えるAmazonリサーチツールはこちら↓

アマテラス Amazon輸入転売リサーチ超効率化ツール


 

 

また、相乗り出品は楽だし簡単です。

ですがよく考えてみてください。

楽で簡単なことは誰でもできます

簡単で誰でも出来ることはお金になりません

アリとキリギリスの話を思い出してください。

最初に楽をするものは落ちていき

最初に努力するものは楽を出来る。

そういうものです。

商売は儲かれば儲かるほど楽になっていきます。

楽な商売は現実にありますがそれは作り上がって自動で回る状態のことを言います。

最初から楽な商売はありえません。

それをあるという方が近くに居るのならその人とは縁を切ってください

あなたの人生に必要がないゴミなのですぐに切り捨ててください。

話を戻します。

次回はありとキリギリスで言ったらアリになりますが

真面目にコツコツとやれば結果が2倍3倍と現れ出す物販の本質をお伝えしていこうと思います。

 

~起業・副業スタートアップ~
人の役にたち、”やりがい”を感じながら
”3つの収益モデル”を所有できる7つのステップ
あなたの”才能・天職”を発見して

自宅で一人で複数の収益を無理なく獲得してみませんか?

本来有料のオンラインセミナーを期間限定で無料公開中
無料動画セミナーをみる