起業したり副業を行っていると手っ取り早く売上を上げたい為に

何が売れるのか?何が需要があるのか?

そんな情報を求めるようになっています。

定番商品はライバルが乱立している為に参入出来ない

何かニッチで独占的に売れる市場はないだろうか?

ある程度ビジネスを遂行した人なら一度はこう言った壁にぶつかると思います。 

ですが、そんなに簡単にニッチで売れる商品の情報が見つかる訳もありません。 

けれど、物の考え方一つで、そんなニッチな市場を見つけ出すことも可能になります。

結果を先に出してしまうと「自分の強みを知ること」になります。

自分の強みを理解することで既に売れている市場や商品・サービスに

独特の付加価値を無数に付け加えることが可能になり

他には真似できない自社製品やサービスを生み出して 

他者よりも高額だけど売れる。利益率も上昇してビジネスを加速させます。

 

・売れる商品の定義

売れる商品というのはその市場の中のニーズが高い商品のことを言います。

世の中の需要というのはだいたい大まかに定着しています。

物販商品だったら

・家電

・車

・服

・靴

だったり、サービスなら

・介護

・エステ

・ダイエット

等、誰もが一度は商品や看板、お店等をご覧になったことがある

商品やサービスが売れる市場と考えても間違えないでしょう。

 

しかし、売れる商品・サービスだからと言って無作為に手を出してしまうと

利益を出すどころか大赤字になりかねません。

 

何故なら需要の高い市場は既に大手や大企業にシェアを取られているので

小さな会社や個人事業主は必ず資本の力で負けてしまいます。

 

最新兵器で身をまとった大勢の軍隊に

こちらは1人または少人数で正面から刀一本で突撃するイメージですね

そんなの勝負にならず勝てる訳がありません。

 

ですがそんな小さな会社や個人事業主も「的」を絞れば

僅かなシェアを獲得することが可能になります。

 

イメージは森の中のゲリラ戦ですね。

 

あのベトナム戦争でなぜ最強と言われたアメリカを撤退させることが出来たのかは

そこに隠されています。

 

ビジネスの世界でも同じで大手や大企業が参入しずらい

もしくは参入しないようなニッチな市場を見つけなければなりません。

 

そこで、まず自分が取り掛かるニッチな市場を選定して

自分の力を一点集中してそこに全力で取り込むことにより

大手・大企業が参入しづらい市場と

ライバルが入り込められない市場を手に入れることで

初めて、大きな利益を得ることの出来る

売れる商品を見つけ出すことが可能になります。

 

・自分の強みを知ることが必要不可欠な理由

ようやくニッチな市場を見つけ出したとしても

それが苦手な分野だったり、情熱が湧かない市場ですと

モチベーションが下がり長い目で見ても上手くいくことは

中々ありません。

 

何故なら情熱が湧かないニッチな市場に参入して

売上的には成功してもそのポジションを守るためにイノベーションを

起さなければ競合他者に目を付けられてしまったり、

売上を拡大または維持する場合に人員を増やす事が必要になる時が来ます。

そこで、参入している市場のことが好きでなければ社員やアルバイトさんを

育てることも非常に困難になります。

 

それなら最初の段階で自分の強みや自分がやりたいこと、

情熱が湧いてくる分野などをあらかじめ把握していた方が

後に役に立ちますし、且つビジネスを好循環に回せていけます。

 

自分の強みや得意分野を生かしてビジネスを遂行していくほど

楽しい物はありません。

逆に自分が興味がないことを永遠とやり遂げることは地獄そのものです。

 

ですので、まずは「自分を理解する」ことから始めることで

ビジネスの大きな成功のチャンスが広がることでしょう。

 

次は実際にどうやってビジネスに適用した

「自分を理解する」ことが出来るのか?

の方法をご紹介いたします。

 

・自分の強みを見つけ出す方法

まず自分を探す方法としては過去の自分の事を考えてみる事です。

自分で思っている長所・短所

人から褒められた事・怒られた事

などをざっくりと掘り出してみてエクセルやメモ帳などに列挙していきましょう。

 

次に長所や人から褒められた事、羨ましがられた事、尊敬された面などを

何故そう思ったのか、または思われたのか?

をじっくりと考えて答えを出していきましょう。

 

すると、考えなかったら気づかなかった自分の一面や

頭の中でモヤモヤしていた自身の才能に気づいたりします。

 

物事を正面からだけ見るのではなく色々な切り口からみる事で

自分は何をするべきなの?何がしたいのか?がだんだんと見えてきます。

 

自分は何をすべきか?何がしたいのか?をリストした後に

さらに1つに絞り込みます。

 

すると、自分の強みや特技がどこの市場に参入出来るのか?

の理解が深まってきます。

 

そこで初めて需要やニーズをリサーチして

商売になるニッチな市場を見つけ出し

ニーズに対して価値の提供を行っていく事が可能になり

 

誰も参入出来ないような、あなただけの市場を手にする事が出来て

大きく利益を上げる事が出来ます。

 

 

まとめ

・売れる商品は需要が集まる市場に答えがあるが常にゲリラ戦を考えるべき

・ニッチな市場を見つけても情熱がなければビジネスは続かない

・自分を理解して自分自身がやりたい事をビジネスに結びつける事がキモになる

 

お金を稼ぐという事は何かの価値を提供しなければいけません。

その何かの価値を上げる時、想い入れや情熱が必要になってきます。

 

「汎用品は人の心を動かさない」ので例えノープランでビジネスを行い

一時的には売上が上がったとしても、それは一瞬のマヤカシに過ぎません。

 

川の流れに身をまかせるように自身の強みを追い風にビジネスを行う事が

人生が楽しくなり且つ無理なく安定的に良い人生を送る事が出来る事でしょう。

 

知っ得男志では24時間365日閲覧可能なコンテンツページをご用意しております。

もちろん無料ですし、今回の「自分を理解する」為に必要なチェックシートと

自分の強みを活かせた市場選定に特化したファイルを無料で配布しておりますので

ぜひご活用ください。↓↓↓

 

~起業・副業スタートアップ~
人の役にたち、”やりがい”を感じながら
”3つの収益モデル”を所有できる7つのステップ
あなたの”才能・天職”を発見して

自宅で一人で複数の収益を無理なく獲得してみませんか?

本来有料のオンラインセミナーを期間限定で無料公開中
無料動画セミナーをみる